記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年08月06日

中国経済の行方は!

今日の日本経済新聞によりますと、
中国人民銀行(中央銀行)は5日発表した四半期に1度の金融政策執行報告で「国内外の環境は依然として複雑で厳しく、経済の先行きは不確定で不安定な要因が多い。マクロ経済調整はジレンマに直面している」と表明した。当面、景気と物価の両方に配慮した金融政策運営を続ける方針を示したものとみられる。

リーマンショック後の日本経済は、中国をはじめとする新興国経済の成長に助けられ、製造業の輸出が伸びたことで活気を取り戻しつつあります。

その中国経済も、常にバブルと言われてきました。

中国経済はどうせ北京オリンピックまでとか、上海万博までとか言われ続けたのも、そのせいです。

そして、中国経済の成長は、中国当局の思い切った内需拡大政策が寄与したのは否定できません。

2008年12月28日のこのブログでも、
「中国は内需拡大路線・日本に恩恵か!」という記事を書き、内需拡大政策に期待しました。

中国経済については様々な見方がありますが、アメリカ経済の不調(輸出が減るので)を見越した内需拡大など、きわどいですが、なかなかよくやっているというのが実感です。

また、中国は日本のバブル崩壊をよく研究していますから、どのようにソフトランディングさせようかと知恵を絞っているのも事実です。

そのような中国当局が、今後の中国経済について『「国内外の環境は依然として複雑で厳しく、経済の先行きは不確定で不安定な要因が多い。マクロ経済調整はジレンマに直面している」と表明した。』のですから、私たちもこれから目を離せないのです。

中国経済がおかしくなれば、いまや世界経済に大きな影響を与えますから、当然でしょう。

中国当局は、上海万博が終わった後のことを考えていると思われます。

そう考えますと、日本においても経済の舵取りが難しい。

エコカー補助金、減税、エコポイント等々が終了しますからどうするのか。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 10:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | がんばれ日本