記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年07月30日

無駄をなくして消費税率を上げるの意味は!

昨日の民主党の両院議員総会では、参議院選大敗の敗因として消費税増税発言が挙げられ、菅首相が陳謝したと報じられています。

今の日本の国家財政を考えますと、一刻も早く消費税に関する議論を開始することが大切なのは皆さんの共通の認識であると思います。

ただ、ここで注意してほしいのは、人間というのは自分の都合の良いように物事を判断してしまいがちであることです。

たとえば、消費税の論議では多くの人が、

消費税率を上げるのはやむを得ない、

目的税として上げる、

無駄をなくしてから上げる、

という意見なのはよく知られています。

このことを持って、消費税率を上げるのは理解されていると考えて良いのでしょうか。

この中の、無駄をなくしてから上げるという意見が最も多く、その意見を含めて消費税率を上げるが過半数を超えるのです。

私は税理士ですから普段から中小企業の経営者の方々と話をする機会が多いのですが、その方々の意見では、無駄をなくす努力が甘いという人が多い。

特に、リーマンショック以後は製造業、サービス業などあらゆる業種で価格破壊が進み、デフレが進行しています。

最近でこそ、輸出が回復した大手製造業では業績が急回復していますが、下請けの中小企業では単価下落で苦しむ所も少なくありません。

このような過酷な競争をしている人々から見れば、多くの借金を抱えている国や地方の無駄遣いがとても多く感じられるのは当たり前ではないでしょうか。

マスコミの論調を見ても、増税がやむを得ないような雰囲気ですが、「無駄をなくしてから上げる」という意見の人の理解を得られなければ過半数の賛成ではないということを重く受け止めるべきだと思います。

この無駄をなくすということは、言うは易く行うは難し。

しかし、それが出来なければ消費税率は上げられません。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本