記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年07月14日

1票の格差の是正と議員定数の削減

今日の日本経済新聞によりますと、
11日に投開票された参院選は、1票の価値に大きな格差があり憲法に違反するなどとして、首都圏の弁護士グループが13日までに、東京、神奈川の両選挙区と比例代表について、それぞれの選挙無効を求めて東京高裁に提訴した。

このような動きは毎回ありますが、裁判において違憲判決も出ています。

そして、先の参議院選挙の公約において議員定数の削減を謳っている政党もあります。

この1票の格差を、完全に是正するとどうなるのでしょうか。

おそらく、ますます都会中心の政策が優先されることになります。

参議院選挙において、各県最低1人は割り当てられている議員がゼロになることも考えられ、それを避けるために道州制の導入を考えざるを得なくなるのでしょうか。

民意の反映ということでは定数是正は当たり前のことですが、その進行は都市で勝った政党が政権を握ることになります。

今までも、地方において議員定数の削減が行われ、都会の議員定数が増えました。

もし、全体の議員定数の削減が行われれば、少数意見をどうするのか、地方の声をどのように反映させるのかが問われます。

赤字国債を発行しながらの限られた予算を生かすには、予算配分の選択と集中がますます進むのではないでしょうか。

現に、バブル崩壊後の日本経済の低迷は、公共事業を地方に分散させたからであり、東京を中心とする首都圏に集中すれば、結果は違ったという意見もあるのです。

都会と地方の格差、老年者と若者の世代間格差など問題は山積しています。

国家戦略に基づく成長戦略の提示により、目的を明確にして考えませんと何も出来ないでしょう。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本