記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年06月30日

サッカー日本敗れる・日本は急成長したのか

サッカーワールドカップ決勝トーナメント第1回戦で、残念ながら日本はパラグアイにPK戦で敗れました。

夢であったベスト8進出は、次回に期待したいと思います。

それにしても、日本代表は良く頑張りました。

冷静に今の日本の実力を考えますと、ベスト16は悪くないし、本田のシュートが決まれば勝ったかもしれない。

サッカー人気の低迷が叫ばれる中、日本人に夢を与えてくれたことに感謝したい。

試合後のテレビインタビューで、「日本は急成長しましたね」と岡田監督に聞いていたことには、唖然として驚きました。

岡田監督が憮然として、私たちは自分のサッカー(練習した通り)をしていたと言っていたことに同感です。

本当にマスコミはだめだと思いました。

いつもうわべだけしか見ない。

サッカーのことは良く分かりませんが、この私でさえ、それまでの練習試合とワールドカップの試合と戦い方が違うのは分かります。

日本はこれまで、FWの決定力不足が常に言われてきました。

練習試合で得点力を強化するために、様々なパターンを試したが、どれも上手くいきませんでした。

ですから、背水の陣として守りを固め、本来FWでない本田を前線に残す形でワールドカップ本戦に臨んだのです。

当然のように練習では様々なパターンを経験しており、それを実践で行ったのです。

確かに精神面は勝ち進んだことで成長しましたが、技術が大会中に急成長するわけではないのです。

きちんと練習してきたことの成果が出たのです。

過去のワールドカップの時に、まだ実力が備わっていない日本代表に、「絶対に負けられない戦いがある」とプレッシャーをかけたのもマスコミです。

全米女子プロ選手権で、最終日に宮里藍選手が猛追し、3位に入りましたが、本当の実力者はプレッシャーにも強い。

その当時の日本代表は、まだ実力がありませんでしたから、何でプレッシャーをかけるのか疑問だったのを覚えています。

練習試合で負け続けた時は岡田批判で、勝つと神様みたいな扱いをする。

日本の実力、課題をきちんと見極めましょう。

そうでないと、次回のベスト8は夢のまた夢で終わるでしょう。

同様なことは、日本経済についても言えるのです。

景気が良くなったという声もありますが、失業率の高止まり、地方経済の疲弊など問題は山積みです。

景気が良くなったと言っても、エコポイント、エコカー減税などの恩恵、新興国経済の成長など、その要因は様々です。

冷静にその内容を分析しませんと、うわべだけ見ているのであれば、今後の経済成長と財政再建は難しいでしょう。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本