記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年05月18日

東京ガールズコレクションのアジア進出・日本文化を売り込め!

今日の日本経済新聞によりますと、
国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」を運営するブランディング(東京・港)は2011年5月にも、中国・北京で同イベントを開催する。TGCはアジアなど国外でも人気があり、中国以外のアジア地域にも進出する。

アジアの中国をはじめとする新興国経済が発展するに伴い、衣食住に関心を持つ人たちが増えるのは必然だとも言えます。

それが、アジアの先進国と言われる日本に対するあこがれにも繋がり、日本に対する関心も高いのです。

日本のファッション、音楽など、日本文化に対する需要も根強くあるので、それを生かさない手はない。

今回の東京ガールズコレクションのアジア進出を聞いて、大変うれしく思うと同時に成功することを祈っています。

今まで日本は加工貿易に活路を見出してきましたが、これからはそれ以外の分野にも力を入れるべきだという声も多く、昨年は観光立国を目指して観光庁が発足しました。

今年になって日本でブレーク中の「嵐」を観光ナビゲーターに起用すると聞いたのは、つい最近のことです。

私も観光立国を目指そうと言っている1人ですが、そうであっても日本の製造業を軽く見ているのではありません。

資源のない国日本の生命線は、優秀な人材を育てて技術力を高め良い製品を作って売ることです。

この前提で、観光立国を目指そうと言っているのです。

日本は美しい自然と歴史があり、そのような観光資源は地方にありますが、今まではそれを生かし切っていない。

地方の自立という観点からも、観光業を盛り立てたい。

地方によっては重要な地場産業でもあるのです。

いままで、その観光資源を生かして海外から観光客を呼ぶことには力不足でした。

ですから、観光庁を創り広報活動を強化して、観光振興を図ることが地方の活性化にも結び付くと確信しています。

日本はハードは強いけれどソフトは弱いと言われていますが、これからは違います。

日本文化の魅力を伝えることができれば、観光、ファッション、音楽などソフトを売ることができるのです。

そして、かつて日本人がフランス、イタリアなどにあこがれたように、日本に対するあこがれを持つ人たちを増やすことができるのです。

工業製品は性能で差をつけられなくなっていますが、そうすると、必然的に価格が勝負になります。

ただし、工業製品に日本製というプラスアルファーをつければ、価格差が許容されるのです。

このような時に、今までの日本は各人、各企業がばらばらに行動していました。

それではあまりに弱い。

よく戦略と言いますが、全体をデザインしそれに基づき行動したい。

ここは、思い切ってダムを一つ創るくらいの予算をつけて、海外進出企業のバックアップをしてほしい。

特に、資金不足の中小企業が下請けを脱して自立することを応援する意味でも、金融面の支援が必要です。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本