記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年05月11日

中国も新幹線の輸出国になっている現実を分析しよう

昨日もこのブログで取り上げましたが、最近のテレビのニュースでは、日本が官民挙げての輸出に取り組んでいることを流しています。

家電などの分野では新興国に追い上げられていますが、先進技術である新幹線、原発などは日本の技術力を発揮できるはずでした。

しかし、現実は厳しいのです。

そのうちの新幹線でも、すでに中国では営業運行をしており、アメリカに輸出することを考えています。

アメリカも中国、フランスなどと日本を競わせるようで、技術があるから勝てるとは限らないのです。

自動車産業においても、日本のトヨタ、ホンダはハイブリッドカーの世界においては世界をリードしています。

しかし、いまや世界の自動車メーカーの関心は、電気自動車に移っています。

電気自動車で日本を追い抜き世界のトップメーカーになろうと、アメリカ、中国などのメーカーが虎視眈々と狙っています。

このブログでも書きましたが、アメリカの大学院は中国人、インド人、韓国人が多く、日本人は少ないようです。

そして、いまや中国で活躍している人たちは、アメリカの大学院出身者が多く、アメリカで勉強し貧乏を脱出した成功者が続出しています。

一つの成功モデルが出来上がっていますから、ますます中国は強くなるでしょう。

気が付いたら、技術導入した先端技術の輸出国になっている中国がいるのです。

技術的に日本より遅れていると言われた中国が急速に力をつけている現実を考えますと、日本も教育に力を入れたい。

優秀な人材の発掘と育成のシステムを考えたいのです。

格差是正は、優秀な人材を育て成長戦略を考え、経済成長することから実現できるのではないでしょうか。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本