記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年03月05日

最近の日本は何かが違う・今までの常識が通じない!

昨日(3月4日)の日本経済新聞の記事「新規住宅ローン低調」を見て、今までの経済常識が変わってきたと感じています。

記事では次のように説明されています。
住宅ローンが下火になってきた理由の一つに個人所得の減少がある。日本経団連の調査では、大手企業の09年冬のボーナスは前年比15%減の75万5628円で、過去最大の落ち込みとなった。
 住宅ローンの冷え込みは今も続いている。大手銀行の住宅ローン担当者は「ローン契約がピークを迎えるのは2月前後だが、今年は前年を2〜3割下回っている」と明かす。金融界では、先行きも「10年3月期に比べてやや減少する」(別の大手銀行)との見方が優勢だ。

最近の日本人は、どうしてもほしいということがなくなってきたと思う。

今まで日本経済をけん引してきたのは、団塊の世代の方々だ。

学生運動しかり、日本の高度成長しかり、良くも悪くもその活力が日本を支えてきたのは間違いない。

その方々が定年を迎える年齢になり、事業承継問題にしても、どのようにバトンタッチをするかが問われています。

団塊の世代の方々は、戦後の物がない時代を生き抜いてきましたから、必然的に物欲が強く、人口増による競争、向上心が強いと思います。

テレビ、車、住宅など一生懸命に働き、手に入れてきました。

ところが今はどうでしょう。

東京などは公共交通機関の発達もありますが、車がほしいという若い人が減っています。(駐車場など維持費が高いこともありますが)

お酒もアルコール度数の低いもの、サワー類が好まれています。

住宅も、必ずしも購入しなくても賃貸でも良いという人も増えています。(一人っ子も多く、親の家を引き継ぐ人も多い)

このように考えますと、日本経済は今までと明らかに違うのです。

そのような前提に立って、政策を考えたい。

今年は昨年と比べても、過去最大の住宅減税が行われますが、どうなるのでしょうか。

過去最大の減税をしたから大丈夫と考えずに、冷静に政策効果を分析しながら、きめの細かい対応をしたい。

新興国の方々を見ていますと、日本の団塊の世代の方々が若かったころのような活力を感じます。

団塊の世代の方々は、人口も多く過当競争でした。

競争の中から活力は生まれると思っています。

あきらめたら終わりです。

もっと貪欲に考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | がんばれ日本