記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年02月21日

トヨタ問題の憂鬱・日本企業はグローバル企業になれないのか!

日本の製造業の代表であるトヨタ自動車が、苦境に立っています。

アメリカで行われる公聴会に、トヨタ自動車の豊田章男社長が出席すると聞き、複雑な気持ちになりました。

リーマンショックの後の急激な需要減少は、過去に経験したことのない大幅減産に追い込まれたのは記憶に新しいことです。

それは、自動車産業において顕著に表れました。

やっと、政府のテコ入れもあり生産が回復してきた矢先の出来事ですから、他人事ではないのです。

結果によっては、日本経済に大きな影響を与える重大なことだと理解しています。

ですから、日本の駐米大使も火消しに躍起になっています。

そして、当たり前ですが豊田章男社長は公聴会で「誠心誠意」の対応をするとのことです。

この「誠心誠意」ということばを聞いて、何か心配になりました。

テレビで拝見した豊田章男社長は、人柄の良さも感じられる良い人に思えます。

日本人なら、そういう人が一生懸命説明すれば、何となくわかる部分があります。

しかし、アメリカにおいてはどうでしょうか。

最初にブレーキの不具合(異常)の報告があったのはいつか。

それに対して会社としてどのような対応をしたのか。

その結果、どのようになったのか。

ちょっと考えただけでも、質問の内容が思い浮かびます。

まして、一生懸命やっていますと言う、ある意味日本的な回答ではアメリカでは通用しないでしょう。

このことは、決してトヨタ自動車だけの問題ではないのです。

これから、「地産地消」をめざし海外での生産を増やす日本企業共通の問題だと思います。

日本企業が真のグローバル企業になれるのかが問われています。

海外に造った工場がクレームを付けられて撤退し、結果として工場をとられることもあるかもしれないのです。

今回のトヨタ自動車の問題は一企業の問題ではなく、国家としてこれからどうするかが問われているのではないでしょうか。

知的財産の保護の問題と同様に考えたい、私はそう思います。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本