記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年01月21日

中国2ケタ成長回復・中国市場の研究が必要

今日の日本経済新聞の夕刊によりますと、
中国国家統計局は21日、2009年10〜12月期の国内総生産(GDP)が実質で前年同期に比べ10.7%増えたと発表した。四半期の速報ベースで2けた成長になるのは08年4〜6月期以来、6四半期ぶり。09年通年のGDP伸び率は前年比8.7%で、政府が目標に掲げてきた8%成長を達成した。世界に先駆けて金融危機から抜け出した中国経済は回復傾向を一段と強め、名目GDPの規模は日本に迫っている。

このブログでも、『中国は内需拡大路線・日本に恩恵か!』という記事を書いていますが、アメリカなどの落ち込みを内需でカバーする政策がうまくいったようです。
アメリカ経済をはじめ世界経済が停滞する中にあっては、外需に期待できませんから、思い切って内需拡大し、成長率を維持するために、今回の対策を行うのです。
このことは、日本にとってはプラスに働くと思っています。
日本から中国への輸出に期待するからです。


日本経済は成熟期に入っていますから、中国のような高度成長は見込めませんが、逆に中国の政策を研究してもいいのではないでしょうか。

同じ日本経済新聞の記事では、
中国政府は個人消費の拡大を10年の最重要課題に位置付けている。


このことは、日本経済にとってありがたい政策だと思います。

本来は、日本においても『外需に期待できませんから、思い切って内需拡大』を望んでいましたが、かないませんでした。

中国市場を開拓するにはどうするか、本腰を入れて考えたい。

今は中国市場においても普及品が売れていますが、所得水準が上がれば少し贅沢な商品、ブランド品が売れてきます。

それの対応も含めて、中長期の戦略が必要な時だと思います。

日本の国家戦略は!!

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本