記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2010年01月07日

観光庁・観光立国日本はどうなる!

私は地方の活性化のためには、観光が非常に大切だと思っています。

このブログでも今まで何回も取り上げていますが、観光資源の多くは地方にあり、それを生かすことが地方の自立にも繋がると思っています。

国の方針でも「観光立国」を目指すということで、観光庁が設けられています。

パソコンで「かんこうちょう」と入力して変換すると「官公庁」が一番先に出てきますが、「観光庁」は出てきません。

それだけ認知度が低いということなのでしょうか。

観光庁ができたのは2008年10月1日ですから、1年以上経ちますがなぜか影がうすい。

おそらく、観光庁という役所があることさえ知らない人が多いのではないでしょうか。

なぜ、もっとマスコミに出て宣伝しないか不思議です。

宣伝のためにテレビのワイドショーなどと、タイアップしても良いのではないか。

そんな中、今年の初めに観光庁長官が変わりました。

民主党の政策で観光立国が謳われていますから、その実現を目指してトップを変えたのでしょう。

観光庁のホームページを見ますと、細かいことがたくさん書いてあります。

本当に細かく、様々な観光に対する国の取り組みなどがこれでもかこれでもかと書いてあるのです。

しかし、何か違うのです。

一度、見た人はもういいと思うような作りです。

要するに楽しくないのです。

今年は、平城遷都1300年になります。

地元奈良では平城遷都1300年祭として大きく宣伝していますが、国がもっとバックアップしても良いのではないかと思います。

特に昨年は邪馬台国畿内説が有力になった時期でもあり、歴史好きな人にとっては関心が高い。

奈良県には、邪馬台国の跡ではないかといわれている纏向遺跡(まきむくいせき)があります。

古代史が好きな人には、佐賀県の吉野ヶ里遺跡があり、青森県の三内丸山遺跡もあります。

知らない人も多いのではないかと思いますが、きちんと宣伝すれば平城遷都1300年で歴史に関心を持ち、古代史が好きな人が増えるかも知れません。

そうすると、日本中の遺跡巡りをする人が増える可能性があります。

邪馬台国はどこか?(畿内説、九州説など諸説あり)

江戸時代から言われてきたことであり、関心も高い。

平城遷都1300年のようなイベントから古代史までを、デザインして初めて観光立国日本を支えるのではないでしょうか。

観光立国日本を確立するためには、日本人が関心を持つような仕組みを考える力が必要なのではないかと思います。

日本人観光客も呼べないで、外国人観光客を呼べるわけがありません。

それができて、外国から観光客を呼び込めると思います。

風が吹けば桶屋が儲かるではありませんが、一つのことから全体をデザインする総合企画力がないと、いくら外国人観光客を増やすといっても絵に描いた餅で終わってしまいます。

不況でテレビ局が困っている今、観光立国のキャンペーンをスポット広告(当然ですが、交渉で安くしてもらう)で流しても良いのではないでしょうか。

観光庁のこれからの取り組みに期待します。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 07:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | がんばれ日本