記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年12月28日

2010年度予算を見て厳しさを実感した!

2010年度の予算案が決まりました。

まさに、マニフェストに苦しみ難産と言えるでしょう。

横浜市の前市長である中田宏氏は、来年度予算案を作る前に辞任しましたが、本来は予算を作った政府と実際に執行する政府が同じ方が望ましいのは明らかですので、そういう面で言えば、民主党は前政権が作った今年度予算の歳入不足9兆円に苦しんだのですから、同情する面はあります。

でも、政権党ですから様々な批判を受けるのも当たり前なのです。

マニフェストを守れなかったことを責められても、甘んじて受けるしかないと思います。

政府の人間が一生懸命やっていると言っていたのには、心配になりました。

一生懸命にやるのは当たり前で、それで褒められるのは子供だけです。

大人は結果を出さなければ評価されないのです。

私は、マニフェストにこだわり、変なテクニックを駆使した税制改正を行うことを危惧していましたから、少しほっとしている面もあります。

あとは、実際に予算を執行するにあたって、前倒しで行い来年の前半の景気に特に配慮してほしいと思います。

うまく来年の前半を乗り越えることができれば、中国など新興国の需要回復に助けられる可能性もあると思っています。

ただ、逆に新興国の需要が伸び悩む可能性もあるとも思うのです。

いずれにしても、予断を許さないので景気の動向を注視して、予算の執行を行う必要があると思います。

私きの身近で言いますと、自動車関連(ハイブリット関係)は良くなりつつあるようですが、その他の産業、特に内需関連の産業はよくありません。

新規国債の発行額が50兆円を超えそうだと言われた時は、急激に長期金利が上昇したので本当に心配しました。

今回の予算案では、44兆3030億円になりましたが、財投債15兆5000億円、借換債102兆6109億円を合わせると162兆4139億円になります。

長期金利が0.1%上昇しただけで1624億円余りも金利負担が増える計算になります。

ですから、財務省もあわてて新規国債の発行額を50兆円以内に収めたのが現実です。

本当に政策の選択の幅が狭くなっています。

限られた予算で成長戦略を描けるかどうか、これから民主党の真価が問われると思います。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 08:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | がんばれ日本