記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年12月19日

公約を守るのはあたりまえである・ただその前提は公約をした時と今の状況が同じ場合だ!

民主党政権になり初めての予算編成がもめています。

そんな中、公約を守れという新聞記事を見て、あきれると同時に怒りさえ覚えている。

選挙公約を守るのは当たり前のことである。

ただし、その前提があるのは当然である。

それは、公約をした時と現在の状況が同じ場合である。

今の状況は非常事態である。

一般の国民が言うのなら分かるが、新聞記者が言うのは訳がちがう。

一般社員が会社経営のことを分からずに理想を言うのなら理解できるが、経営者が理想だけで経営したら会社は倒産してしまう。

誰だって少しでも多くの給料をもらいたいのは当たり前である。

しかし、会社が赤字の時はいやでも、給料などの経費を削減する。

公約を守れという新聞記者は、今年度予算の内、税収がいくらで、その見積もりがいくら少なくなりそうなのか理解しているのか。

素人ではないのであるから、公約を守るためにはどうすればいいかを具体的に示してほしい。

今年度予算で9兆円前後の税収不足になりそうなのに、来年は税収が足りるというのであろうか。

来年も同じように税収が足りなくなるのは明らかだ。

そして、今の緊急経済対策は、雇用調整助成金、緊急保証制度の補てんなどマイナスを補う政策ばかりなのが分からないのか。

それだけ、企業の大小を問わず、経済(特に地方)が疲弊しているから対応している。

本来は成長戦略に予算をまわしたいのに、その余裕さえないのが現実なのだ。

私は本当に日本経済を心配している。

総理大臣が一般国民に日本経済の現状を説明して、公約の延期(破棄ではない)を説明すれば良いのである。

新聞記者は、そのことを擁護すべきだと思う。(日本経済は危機だ)

それを駄々をこねる子供みたいに現状を正しく理解できずに、公約の実現を迫ることは日本を混乱させるだけである。

いままで業績の良かった会社の社長と話す機会があり、不景気の影響が出てきたと聞き、本当に日本経済が危ないと実感している。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!




posted by 森 大志 at 10:05 | Comment(8) | TrackBack(1) | がんばれ日本