記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年11月24日

製造業の地産地消の動き・国内の工場は生き残れるのか

日曜日(11月22日)の日本経済新聞によりますと、製造業が投資先を国内や欧米から新興国にシフトしているそうです。

このブログでも、シャープが堺コンビナートの操業開始にあたり、国内の新規工場は最後になると言い、これからは新興国などの消費地に工場を造り、生産販売する「地産地消」にならざるを得ないと言っていることを紹介しました。

地産地消・急激に変化する製造業・知的財産の保護を考えたい』参照

そして、その中で新興国に進出するにあたって知的財産の保護に力を入れるように提言しました。

このことは国のバックアップが必要だと思います。

また、製造業だけでなく家電量販店、衣料専門店、飲食業など様々な業種が新興国と言われる成長が期待される国に進出を考えています。

その動き自体は、グローバル経済の中では当然です。

しかし、今は収益力の落ちた日本国内の事業の補完ですが、将来的に国内事業の採算が悪くなれば国内の工場、店舗の閉鎖ということになるかもしれません。

これからの産業として介護事業を考えると言っても、介護自体は外貨を稼ぐ産業ではありません。

当然ですが、日本は資源のない国ですから、海外から資源を買う資金を稼がなければなりません。

このブログでも内需拡大を謳っていますが、あくまで外貨を稼ぐ外需があっての内需です。

あまりに外需に頼っているので、もうすこし内需にも力を入れバランスを取りたいというものです。

今後、約一億三千万人の国民が食べていくための外貨をどのように稼ぐか、産業構造をどのように変えていくのか。

国家戦略が問われています。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本