記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年11月18日

事業仕分け・民間では採算の合わないことをやるのも国の仕事です!

来年度予算の概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」の前半が終わり、様々な問題が浮き彫りになりました。

事業仕分けの手法に批判も多いのは事実ですが、今までベールに包まれていた予算の中身を垣間見たことは意義があると思います。

特に、事業仕分けの会場が公開されていることもあり、若い人たちが感心を持って傍聴している姿は非常に良かったのではないでしょうか。

ただ、事業仕分けの中身を吟味する必要があります。

批判の多い天下り先法人に対する無駄な予算のチェックは当然ですが、費用対効果だけで判断できないことも多いと思います。

民間会社は営利企業ですから採算の合わないことはやりません。

ですから、国の役割を考えるときに民間では出来ないことをやるのも仕事なのです。

国家戦略として目標を掲げその実現にむけて努力する。

採算が合わないことを国が主導して行い、事業が軌道に乗ったら民間に任せる、又は事業が軌道に乗るまで補助するというような考え方です。

太陽光発電などは発電効率などを考えますと採算に合いませんが、この技術が確立できれば資源小国日本の国益は計り知れません。

過去において、補助金を出し太陽光パネルの生産量世界一まで育てたのに、補助金をやめて停滞したことがあります。

情報公開し、太陽光発電の発展のために家庭用の電気料金が高く(来年から)なっても、国家戦略を実現するためであれば理解されるはずです。

国の役割として、民間が出来ないことをやるという観点も忘れずにお願いしたいと思います。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!





posted by 森 大志 at 08:48 | Comment(2) | TrackBack(4) | がんばれ日本