記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年11月10日

トラック・バスの国内総販売台数激減をどう読む

今日の朝日新聞によりますと、
日野自動車といすゞ自動車の上場トラック2社の09年9月中間連結決算が9日、出そろった。
トラック・バスの国内総販売台数は前年同期比46.1%減で、両社とも売上高が激減して営業赤字となった。

この記事で最近の日本経済をどう読むか!

エコカー減税、エコポイントなどにより、低燃費の車や、薄型テレビが売れていますので、その関連業界は生産が回復しています。

そのことをもって、景気が回復していると判断してよいのでしょうか。

日野自動車といすゞ自動車の中間決算は9月ですから、昨年のリーマンショック(9月15日倒産)の影響の前後の比較が出来ます。

トラック・バスの国内総販売台数は前年同期比46.1%減という数字は、想像を絶するものであり、本当に日本経済が回復しているか疑問です。

最近の大企業の決算を見ると、利益を出している会社であっても売上高を増やしている会社は少なく、人件費、広告費などの経費を削減しているのです。

そのうえ、試験研究費まで削減している会社もあるのです。

そのことは、目先の利益を出すことは出来ても長期的には会社は衰退します。

先日このブログでも書きましたが、仕事の単価が下がったので設備の更新が出来ないと嘆いている中小の製造業の姿があります。

古い機械をだましだまし使用しているのです。

運送業界も倒産が増えていますから、古いトラックを我慢して使用しているのでしょう。

一般会社も同様に買い替えを控えていると思われます。

定額給付金の2兆円、今年度の補正予算による経済対策を行ってやっと現在の経済情勢ですから、今後もきめ細かい対策が必要なのではないでしょうか。

最近のデフレ経済における低価格競争は、企業の消耗戦になっており、これからその影響が出てきます。

企業間競争に敗れて倒産する会社も増えるでしょう。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本