記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年11月09日

東京池袋の家電戦争・巨人の優勝セールは人でいっぱいです

私の事務所は東京の池袋にあるのですが、ヤマダ電機のLABI1日本総本店(10月30日)、LABI1モバイルドリーム館(11月6日)がオープンしてから池袋の人出が多くなりました。

11月7日(土曜日)も事務所に出たのですが、ヤマダ電機の2店、ビックカメラ本店、ビックパソコン館のある場所は近いこともあり、すごい人出で人をかき分けて歩くと言ってもよいぐらいでした。

そして、同じ場所でヤマダ電機、ビックカメラの店員がチラシを配っていますが、両社の勢いと意気込みを感じます

ヤマダ電機、ビックカメラの販売競争は池袋の街全体の活気に結びついています。

また、昨日はジャイアンツの優勝セールを行っているイトーヨーカドー赤羽店に行きましたが、やはり買い物客でいっぱいでした。

平成大不況といわれている日本経済ですが、この人出をどのように理解すればよいのでしょうか。

開店セールと優勝セールでかなりお買い得ですから、目玉商品、割引を求めて大勢のお客様が来ていると思います。

個人金融資産が1400兆円と言われている日本ですから、みんながすべて悪いわけではなく、比較的余裕のある人も多くいます。

お買い得であれば、多くの買い物客が来るわけですから、まだ、日本経済も捨てたものではなく、やり方によっては経済再生の可能性もあるのではないかと思わせる動きだと思います。

ただ、この動きは比較的に経済が良いと言われている東京に顕著に現れている傾向かもしれません。

そして、都市部に量販店の出店攻勢があるのも当然の動きと考えることができます。

そうすると、いま経済が多少持ち直しているのも、エコポイント、エコ減税等の恩恵が大きく、その効果が薄れれば経済が落ち込む危険があると思われます。

私はその心配をしています。

いわゆる二番底があるのではないかと。

このままでは来年の2月ごろに、経済が悪くなりあわてるのではないかと思っています。

ですから、年内に第二次補正予算を組んだほうが良いと思うのです。

12月のボーナスが減少するのが確実と言われているので、特に注意が必要です。

経済が落ち込みさらに税収が減少するよりは、経済のてこ入れをした方が良いと思うのは私だけでしょうか。

みんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本