記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年10月14日

日本の航空戦略・時間がない・ハブ空港がほしい

民主党政権になって一ヶ月がすぎ、様々な課題が山積しています。

このブログでも書いてきましたが、「日本の戦略は何か」、という観点から考えることが大切だと思っています。

そして、その「日本の戦略」は日本国内だけのことではなく、世界の中で日本の置かれている立場、現状認識から考えなければいけないのは当然のことだと思われます。

そう考えますと、日本の戦略としてのハブ空港の早期実現も、当然の政策と考えることができます。

ここでハブ空港とは、
航空路の基点となる空港の内、通常の空港よりも数多くの他空港への航空路が確保され、離着陸する航空機の機数や取り扱う旅客や貨物の量も非常に多い空港のこと。

また、航空会社が乗り継ぎ等の拠点として路線網を構築している空港のことも指す(例:アメリカン航空のハブ空港はダラス・フォートワース空港、大韓航空のハブ空港は仁川国際空港、etc.)。

当該空港から他の空港へと繋がる航空路の広がる様が、車輪のハブ(空港)とスポーク(航空路)のように見えることから、ハブ空港と呼ばれるようになった。

私は、今の日本は危機的状況だと思っています。

冷静に考えますと、少子高齢化の進行とそれに伴う社会保障費の増加は、政策の選択の余地もないくらい切羽詰まっていると言ってもよいでしょう。

本来、年金、健康保険、介護保険は保険ですから、加入者(受益者)が負担する保険料で賄うべきものです。

しかし、今の制度のままでは保険料があまりに高額になり負担できない人が増えますので、保険料を抑えるために税金の投入を行っています。

そのことは、すでに制度が破綻していることなのです。

そういう前提で物事を考えますと、現在の日本の状況を改善するのに一刻の猶予もないと考えられます。
日本の空港は全滅だという意見もあります。

そう考えますと、一刻も早く羽田空港のハブ空港化を考えるのは、当たり前ともいえます。

ソウル(韓国)の「仁川国際空港」や上海(中国)の浦東国際
空港など、東アジアのライバルがますます強くなっています。

今までの日本の政策は、すべての政策にまんべんなく予算を付け、対策を行っているというものです。

それでは、何も変わりません。

その間に、海外の空港の整備が進んでいます。

ですから、前原国土交通大臣は急いでいると思います。

海外空港のハブ空港化が進み、ひとつの形ができますと、それを変えるのは莫大なエネルギーが必要になります。

いま強力に羽田空港のハブ空港化を進めて、うまくいけば、その羽田空港と地方空港をどのように結べばよいか考えることもできます。

現状の日本の地方空港が韓国の仁川国際空港と結ぶことで、空港としての機能を維持していることは、おかしくありませんか。

とりあえず、羽田のハブ空港化を急ぎ(景気対策で予算を付けても良いのではないでしょうか)、成田、関西、名古屋などとの連携も考える。

日本の産業構造を輸出だけに依存するのではなく、内需拡大も目指す、その一つとして観光立国があります。

日本の美しい自然、歴史、温泉など誇るべき観光資源はたくさんあります。

それも、地方に沢山あるのです。

外国人観光客を、もっと日本に呼びましょう。

そのためにも、羽田空港のハブ空港化は急がれるのです。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!

posted by 森 大志 at 07:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | がんばれ日本