記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年09月30日

拝啓亀井静香金融担当大臣殿・『優良返済中小企業支援借換保証法案』というのはどうですか

亀井静香金融担当大臣が、困っている中小企業の資金繰りを何とかしたいと、返済猶予の提案をしたことに対して批判が多くあります。

たしかに、私もモラトリアム法案と言うことに対しては、賛成できません。

ただ、リーマンショックからの世界的な大不況で、中小企業が資金繰りで非常に困っているのは間違いありません。

そのような現実に直面して、批判を覚悟で声を上げた政治家がいたでしょうか。(鳩山総理も選挙中にふれたようですが)

信用保証協会の緊急保証制度などにより、中小企業の資金繰りは一息つきましたが、今年は冷夏だったこともあり、ここに来て息切れしています。

ここは、どうしたら中小企業の資金繰りを助けることが出来るか、みんなで考えましょう。

モラトリアムの意味も良く分かりませんが、返済を止めることを堂々と決めることは問題なのかもしれません。

そのようなことは、本来裏でこっそりやることだからです。

私は、次のように考えています。

過去6ヶ月間以上まじめに返済した中小企業に対して、返済額を無条件に貸し付けることを3年間認めることを考えたいのです。

過去6ヶ月以上まじめに返済した中小企業に、返済分を貸し出すのですから、モラトリアムではありません。

返済を止めることより資金繰り的には厳しいですが、金融機関から見れば貸し出しをし易いと思います。

3ヶ月では短いし、1年では資金繰りが持たないかもしれませんから、6ヶ月以上が良いのではないかと思います。

昨年の10月から計算すれば約1年が経過します、最大1年分の返済元本額を借換えにより再融資することであれば、実行しやすいのではないでしょうか。

また6か月以上経過ですから、今年の3月に融資を受けたものまで適用になります。

ただ、民間の金融機関に強制はできませんから、上記のような融資に対して国が信用保証する法案を考えるのが現実的かもしれません。

急激な景気悪化に対して、中小企業が対応する時間がほしいと思うのです。

批判するのは簡単ですが、中小企業に対して何らかの金融政策が必要なのは間違いありません。

批判するのでなく、どうしたら解決できるかみんなで考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所
mori@morikeieizeimu-c.netまでお気軽に!
起業戦略は「税理士森大志の起業戦略塾」!!


posted by 森 大志 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本