記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年08月19日

税金より社会保険料の方が多い現実を知ろう!

このブログでも過去に取上げましたが、いまや税金より社会保険料の負担の方が多くなっています。

今日の朝日新聞「安心社会どう実現」という記事の中で、40才サラリーマン(年収500万円、子供小学校4年、妻パート収入70万円)のモデルケースが掲載されています。

1年間に払った税金と社会保険料の内訳は、税金が所得税、消費税、地方税の合計で40万3548円、社会保険料が厚生年金、健康保険、介護保険、雇用保険の合計で64万8392円です。

そのうえ、税金の中から社会保障費として4万8885円支出されています。

意外に知られていないのですが、このような現実があるのです。

そして、これでも社会保険料が不足しているので保険料の値上げが行われ、まだ足りないので税金からの投入額を増やそうとしています。

今の日本は少子高齢化が進んでいるのですから、社会保障費が増え(高齢化が進み)、保険料の負担者が減って(少子化進行)います。

今の社会保障制度では限界なのは明らかです。

それなのに、与野党問わず現実離れした政策が横行していると感じます。

高齢化が進み社会保障費が多くなるのは避けられませんが、お年寄りが健康であれば医療費を減らすことが出来ます。

ハコ物を造る事には反対ですが、健康増進の政策をもっと考えてもいいのではないでしょうか。

みんなで社会保障費を減らす戦略を考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、森大志税理士事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | がんばれ日本