記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年07月03日

首都圏一極集中でいいのでしょうか・備えあれば憂いなし

30年以内に首都圏で大地震が起きる確立70%と言う番組を、フジテレビで見ました。

関東大地震があってからだいぶたちますが、首都圏において大地震が起きるのは、ほぼ間違いないという前提で考えられています。

それに対応するように、首都圏特に東京では大地震が起きても大丈夫なように、様々な対策が採られています。

冷静に現在の日本を考えますと、首都圏に様々な機能が集中しています。

東京と地方との格差が言われますが、東京一極集中といって良いほど、東京には人も機能も集まっているのです。

備えあれば憂いなしという言葉がありますが、どんなに地震対策をしても絶対と言うことはありません。

そう考えますと、東京を中心とした首都圏にあまりにも機能が集中しているのではないでしょうか。

私は道州制を導入すべきだと思っていますが、その前にもう少し関西圏の復興に力を入れても良いのではないかと思います。

橋下知事が誕生し、情報公開も進んで大阪の抱える問題が明らかになってきましたが、関西国際空港を生かしきれていない現実を考えると、憂鬱になります。

東京に大地震が来て、首都機能がマヒしたら、と考えるだけでも恐ろしいと思います。

人類は今まで様々な困難を克服してきましたが、やはり自然の脅威には無力でもあるのです。

そう考えますと、東京の危機対応だけでなく、危険分散と言う意味も含めて考えたい。

地震が来ても大丈夫なように対策を考えても、限界があることは明らかです。

過去に経験したことのない災害が起きる可能性を、否定することはできません。

東京では、首都高速道路、地下鉄を含めた鉄道網が充実していますので、それが止まった場合の影響も計り知れません。

備えあれば憂いなしです。

不況対策で様々な政策が考えられていますが、その一つとして首都機能の分散も考えられるのではないでしょうか。

そして、一緒に道州制の導入も考えたいと思います。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区池袋から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!


posted by 森 大志 at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本