記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年06月29日

人が多いことと売上げが多いことは別・本質を見極める目が大切です!

私の事務所は東京の豊島区池袋にあります。

最近では、東京メトロの副都心線の開通もあり、ますます人出が増えたように思います。

本当に、平日だけでなく、土曜日曜日なども人でいっぱいなのです。

その人出を見ますと、どこが不景気なのといつも思います。

しかし、人が多いことと売上げが多いことは別なのです。

マクドナルドなどでコーヒーを飲む人が多くても、居酒屋でお酒を飲む人は多くありません。

気軽な消費をする人は多くても、多額のお金を使う人は多くないのです。

景気対策の土曜日曜日の高速道路料金千円にしても、確かに安くなったのですから利用者は増えます。

利用者が増えるのですから、パーキングエリアは混雑し、手ごろなお土産を買う人は増えるでしょう。

また、日帰りで楽しめる施設はお客様も増えました。

しかし、今まで土曜日(宿泊料が高い)に泊りがけで出かけていた人は、高速道路が込んでいるので出かけるのをやめることもあります。

土曜、日曜日にゴルフをしていた人たち(ゴルフ場から見れば得意客)は、渋滞に巻き込まれて行く回数が減った人もいるようです。

地方においては、観光が重要な産業になっているところも多くあります。

温泉地などは、旅館相手に食材を卸す会社や、そこで働く人々などがたくさんいますが、宿泊客が増えませんと旅館業が成り立ちません。

宿泊客が減っていますので、日帰り温泉プランと称して温泉に入浴し昼食をとるプランが多くなりました。

でも、それだけでは旅館は成り立たないのです。

人出が増えて良いという新聞記事を見ましたが、今は

人出が多い=売上げが多い

とならないのです。

消費者のニーズを的確に掴み、それに対応することで売上げを増やすことができるのです。

デフレ経済が進行し、企業の対応がますます難しくなっています。

うわべだけでなく、本質を見極める目が大切なのです。

過去の成功体験に左右されず、冷静に今の経済情勢を分析しましょう。

そして、いま売上げを伸ばしている会社の研究をしましょう。

きっと何かが見えるはずです。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!


posted by 森 大志 at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本