記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年06月15日

東京でも閉店が増えています・今までのビジネスモデルを見直そう!

私の事務所は東京の豊島区池袋にありますが、同じ池袋にあった三越池袋店が閉店してから一ヶ月が過ぎました。

私の自宅は池袋から約3キロほどの距離で、東京駅へは電車で20分ほどの所ですが、5月末に、近くにあった大手ファミリーレストランチェーンのお店が閉店しました。

そして、大手フランチャイズチェーンの飲食店も閉店したのです。

大手ファミリーレストランチェーンのお店は、開店してから20年以上も経つので、驚くと同時にショックでした。

ご存知のように、地方に比べて東京に人は集まり、地方より比較的景気が良いと言われていますが、東京でも急激に閉店に追い込まれたお店が増えています。

最近は、価格競争が激しく、メニューの値下げも多く、さらには業態を変更して対応することも多くなりました。

そのことは、オープン時に想定していたビジネスモデルがなりたたないことも多いと思われ、それが閉店に繋がってると思います。

そして、閉店も多いのですが、東京では居抜き再生で新規に起業する人も多くいるのです。

借りていた店舗をスケルトンで返却するより、解体費用がかからないので、ただ同然で譲るのですが、譲り受ける方も、内装費や設備費が安く済むので良いようです。

新規開業費用が安く済めば、損益分岐点も下げられますから、何とかやっていけるかもしれません。

ただ、現在行っている事業がうまくいかないからと、経験の浅い、なれない事業に手を出しますと共倒れになる危険もありますから、十分に注意をする必要があります。

また、経験がある人でも、今までと環境が違うことを理解することが必要です。

ですから、大手のチェーン店でも閉店しているのです。

特に外食産業では急激な景気低迷によって、外食する人が減っていますから大きな影響を受けています。

さらには、街を歩いて人出が多いと実感しても、実際にお金を使う人は多くありません。

目的の商品を買うことがあっても、ついでに買い物をすることはあまりないと考える方が無難です。

今までのビジネスモデルを見直し、再検討してこの難関をのり超えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(3) | がんばれ日本