記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年06月03日

身の丈にあった生活・収入に合わせた生活をするだけです

最近のマスコミ記事は、将来の年金収入が現役世代の収入の50%を切ると大騒ぎです。

少子高齢化の進む日本においては、冷静に分析すれば現役世代の保険料収入で年金世代の年金を支えるのは不可能です。

どうして大騒ぎするのでしょうか。

マスコミが煽っているのでしょうか。

老後資金として何千万円必要だとよく言われますが、今のお年寄りのすべてが、必要だと言われるお金を持っているのでしょうか。

収入が減れば、その収入に合わせた生活をすればいいのです。

年金で足らない分を、保険会社などの年金で賄うも良し、預金を取り崩しても良し、また働いてもいいのです。

よくマスコミの記事で、支払った保険料の何倍の年金をもらえるというような記載を目にします。

損得で年金に加入するような内容ですが、保険であれば加入者で支え合うものです。

決して損得で加入を促すものではないはずです。

物事をすべて損得で判断する風潮に嫌気がさしています。

バブル崩壊、100年に一度の経済危機に直面して、金銭では得ることのできないものもあると理解したはずです。

日本も貧しかった時には、毎度の食事が一汁一菜の時もありました。

今は、米はコシヒカリがいいとか、肉が食べたいという生活です。

ほんの数十年前の生活に戻せば、何の問題もありません。

収入が足りなければ、働けば良いのです。

公務員の仕事でも、守秘義務の絡む仕事を除けば、アルバイトでまかなえるはずです。

人件費の節約にもつながり、働くことで健康の維持に役立てば一石二鳥です。

結果として、医療費の削減もできるのです。

100年に一度の経済危機と言われている今こそ、今までの生活を見直して考える時だと思います。

このままではだめだと『天が与えた試練かもしれません』。

100年安心年金プランと言われた時に、そんなことは無理だと、ほとんどの人は分かっていたと思っています。(国が信用されないのは、悲しいことですが)

どんなことが起きてもうろたえず、冷静に対応しましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本