記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年05月08日

990円ジーンズにユニクロの強さを見た!

連休中に何気なく「ガイアの夜明け」を見ましたが、ジーユーの990円ジーンズに対抗する西友の衣料品担当者の新商品開発の話しでした。

ジーユーは、ご存知の通りユニクロの子会社ですが、今まではユニクロより商品価格が低いにもかかわらず、売り上げは伸びませんでした。

実際に私の家の近所のジーユーは、お客様があまりいなかったのです。

ところが、990円ジーンズを発売したころから、ジーンズ効果もあってか、お客様の姿をよく見るようになりました。

一方、西友はご存知世界の巨人ウォルマートの子会社です。

そして、そのウォルマートをしても西友の再建がうまくいきません。

ウォルマートは、その低価格戦略で世界一のスーパーになったのですが、日本においてはナショナルブランドの強さ、価格以外の品質に対するこだわりなどもあり、苦戦しているのです。

そのウォルマートは、いままで何回も日本撤退のうわさが流れましたが、撤退ではなく、徹底的な低価格戦略を打ち出しました。

「価格安い=KY戦略」を打ち出し起死回生を図る西友は、ジーユーの990円ジーンズに対抗すべく動いたのです。

価格で負けるわけにはいかないのです。

西友の衣料品担当者が向かった先は、ウォルマートの調達先である中国ですが、簡単にはいかない様子がうかがえました。

おそらく、アメリカなどで売っている商品とは違う日本仕様の生地を使っていたのだと思います。

やはり、日本で販売する場合は、価格だけでなく品質に対するこだわりもあるのです。

日本市場でウォルマートが苦戦している一端を見るようです。

この放送を見て、日本のユニクロがウォルマートと戦えるぐらい強力な企業になったことを、あらためて認識することができました。

海外にも積極的に進出しているユニクロですが、世界企業に羽ばたくことができるかどうかの岐路に立っています。

日本企業の生きる道だと思うと同時に、素直に応援したいと思います。

ただ、今回ウォルマートはナショナルブランドも低価格戦略をとっていますので、今までとは明らかに違います。

ですから、今回は西友も今まで以上に頑張ると思っています。

すでにセブン&アイHD、イオンと熾烈な低価格競争が始まっていますが、取引先がどこまで付いて行けるか心配でもあります。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ日本