記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年05月07日

三越池袋店閉店に思う!

三越池袋店が昨日閉店しました。

昨日、今日とニュースで盛んに取り上げていたのでご存じの方も多いと思いますが、今まで三越池袋店が閉店することなど考えたこともなかったので、時代の流れを感じるとともに、百貨店という業態の厳しさが感じられます。

私の事務所が同じ豊島区池袋にあることと、自宅からも近いこともあり子供のころから親しんでいたので、なにか寂しい気持ちになったのは私だけではないと思います。

今朝のテレビでは、今治大丸(すでに閉店)、丸井今井室蘭店(閉店予定)などのことが取り上げられていました。

税理士森大志のひとりごと「今治大丸の閉店から地方を考える」参照

今治大丸閉店後の街は、今まで以上に寂れていて、シャッター通り商店街に拍車がかかっているようです。

そして、丸井今井の倒産から丸井今井室蘭店の閉鎖が現実のものとなった室蘭市では、閉店反対の市民の署名運動が行われています。

今朝、三越池袋店の前を通りましたが、すでに新しい看板をかけるための工事に入る準備をしているようでした。

このように過当競争の東京では、すぐに新しいお店が入ります。

税理士森大志のひとりごと「横浜松坂屋の閉店から小売戦争を考える」参照

あのヤマダ電機が入るようですが、どんなお店になるのか楽しみな面もあります。

翻って、地方の場合はどうでしょうか。

いくら集客力が落ちたとはいえ、百貨店に代わるようなお店はなかなかありません。

ですから、今治大丸の後は空いたままですし、もし丸井今井室蘭店が閉店すれば、商店街がますます寂れるのは避けられないと思います。

地方の場合は、郊外の大型ショッピングセンターにお客様が流れている例が多いのですが、今後の少子高齢化社会の到来をにらんで考える必要があると思います。

昨年のガソリン価格の高騰は、地方においても車での外出に影響が出ました。

わが世の花であった大型ショッピングセンターの中でも、苦戦している所も出始めています。

少子高齢化を考えますと、いやでもある程度まとまって住んでいただくこと(効率化)を考えなければ行政経費の負担も限界です。

そのための街づくりを考えなければいけないと思います。

私は、コンパクトシティが良いと思っています。

特に、病院を中心とした街づくりをし、子供を預ける施設を併設し安心して女性が働けるようにする。

そうすると、子供さんのいる女医さんも安心して働けるので医師不足にも貢献するし、将来の労働力不足にも対応できると思います。

少子高齢化を考えた街づくり、交通政策を!

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本