記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年04月30日

複合不況・少子化対策で日本は変わる!

先日、ある会合で国の政策に関係している人と話す機会がありました。

その人が言うには、少子化対策も介護もちゃんと考えていると言うのです。

おそらく予算をつけていることを、考えていると言っているのだと思います。
考えていなければ予算を付けませんから、当然です。

ただ、限られた予算を分配しているので成果はなかなかでません。

たとえば、お医者さんが足りないから予算を付けて医学部定員を増やす。
誰でも考えることですが、これだけでは不十分です。

最近は医学部の学生に占める女性の割合も多く、医学部の定員を増やしても女医さんが増えることになるかもしれません。

このことは、いいとか悪いと言うことではありませんし、むしろ女性の社会進出は望ましいことだと思います。

しかし、その結果、医者になっても結婚、出産で医者を辞める、休業する女医さんが増えれば医学部の定員を増やしても、効果は半減です。

現実に、結婚、出産で医者を辞める、休業する女医さんはたくさんいます。
私の知り合いのお医者さんも、子育てのため休業しています。
(ご存じのとおり、長く休業しますとすぐには現場復帰できません。)

そうすると、医学部定員を増やすだけでなく、現実に医者の免許を持っている人で辞めた、休業している人の対策を考えなければいけないと思います。

また、最近では働く女性も増え結婚後も働いている人も増えています。

そして、女性は優秀な人が多いので医者、弁護士、公認会計士、税理士などの専門職に就く人も多くいます。

その人たちが、結婚後も安心して働ける環境を作らないと、国家的な損失だと思いますが、どうでしょうか。

安心して子供を預けて働けるシステムを、本気で考えてほしいのです。

保育所の待機児童をゼロにする、義務教育の完全無料化など子供を育てることの手助けを100%を目標に優先して実行する。

少子化対策で日本は変わるのです!

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(9) | がんばれ日本