記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年04月09日

観光資源を活かすために・ご当地検定!

私は、地方の活性化の一つとして観光資源を活かすことが大切だと思っています。

四季があり、歴史がある美しい国日本は、観光資源という面では、それこそ宝の山だと思っています。

ただ、日本人から見れば当たり前の風景であるので気がつかないのです。

その歴史のある景観、美しい風景、日本の祭りなどの観光資源はあっても、活かしきれていないのが現状だと思います。

そんな中、国もやっと本腰を入れ外国人観光客を増やそうと動きました。

それが、昨年の観光庁の創設です。

観光に力を入れることは、地方の活性化につながるものと確信していますが、そのためと称してハコモノを造ることは考えたくないと思っています。

観光地に行くために道路や建物を造っても外国人(日本人も)の求めるものとは違うと思うからです。

日本の歴史や自然がいいのであり、ありのままの姿が好まれているのです。

よく知識があって知恵がないと言われますが、観光資源というハードがあるのに今まではソフトが足らなかったと思っています。

ご当地検定というのがあります。

ご当地検定(ごとうちけんてい)とは、ある特定の地域に関する文化や歴史などの知識を測る試験のこと。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

私は、旅行が好きで今まで様々なところに行っていますが、宿の人に観光名所などを聞いてもきちんとした答えが返ってきません。

こちらの方が、事前に色々調べていますので詳しい場合がほとんどです。

特にインターネットを利用して最新のデータを調べることができますのでなおさらです。

このご当地検定をもっと活かし、ソフト面の充実をはかることが必要です。

そして、そのような時に生き字引のような地元のお年寄りが、ガイドに載っていないような情報を話してくだされば最高です。

そうすることにより、お年寄りの生きがいにつながり、健康になることにより、結果として医療費が少しでも減らすことができれば本当にうれしく思います。

もし、このような試みがうまくいけば、地域活性化だけでなく、老人の医療費も減らすことができます。

観光資源を活かし、内需拡大を考えましょう。

私は、日本の復活を信じています。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本