記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年03月06日

ウォルマートの悲願・西友は復活するか

「なぜなんだ!」

「低価格で良い商品を提供しているのに、なぜ売上が伸びないんだ!」

「同じ商品で、価格が安いのにどうしてナショナルブランドにこだわるのか!」

ウォルマートが西友を傘下に収めてから西友の収益は回復の兆しを見せず、さすがのウォルマートも日本から撤退(仏カルフールは撤退)するのではないかとの噂を聞いたこともあります。

アメリカなどで有効であった販売方法が日本では通用しないのです。

エブリデー・ロープライスと言われる、毎日が特売であり一年中同じ低価格で販売するやり方です。

本社の幹部は日本の消費者、市場を理解できずに「どうしてなんだ」と地団駄を踏んでいるのではないかと思っていました。

それが、冒頭のことばです。(私の想像ですが)

世界的な経済不況のなか、そのウォルマートがウォルマート・ジャパン・ホールディングスを設立し、西友を傘下に置きました。

日本撤退ではなく、日本市場に本腰をいれているのです。

そして、最近スーパーの西友が再び攻勢をかけています。

新聞などの全面広告で、他店との価格の比較を行う比較広告を出しているのは前と同じです。

今回は、プライベートブランド(PB)だけでなく、ナショナルブランド(NB)も値下げし、生鮮食品を除くすべての食品を低価格で販売するというエブリデー・ロープライスの徹底を打ち出しました。

ウォルマートが西友に出資し提携したのが2002年3月ですから、7年目の真実ではありませんが、ウォルマートが本気を出したようです。

私は、今度だけは西友も売上を伸ばすのではないかと思っています。

これから、セブン&アイHD、イオンとの激烈な戦いが始まるのだと思います。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本