記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年02月06日

地方の疲弊を考える・このままでいいのでしょうか!

私は日本が元気になるためには、中小企業と地方の活性化が必要だと思っています。

しかし、現実はかなり厳しいのも事実です。

今日の朝日新聞によりますと、「北海道の高橋はるみ知事は5日、経済産業省で吉川貴盛副大臣を訪問し、経営破綻した北海道の老舗百貨店、丸井今井(札幌市)の支援を要請した。
高橋知事は、丸井今井の再生支援に加え、取引先企業に対する金融支援の拡大や、雇用調整助成金の拡充の早期実施など雇用対策、地元商店街の活性化策などを求める要望書を吉川副大臣に手渡した。」

先日、北海道の老舗百貨店である丸井今井が民事再生法を申請したのですが、その後も百貨店2店舗が閉鎖するとのニュースも流れました。

本当に北海道の経済情勢はかなり厳しいと思いますが、このことは北海道だけでなく、ほかの地方においても同じです。

特に、最近まで自動車産業の活況でよかった地方まで、急激な生産調整により景気が悪化しているのが現実です。

このニュースを聞いて、ひとつ疑問に思ったことがあります。

それは、「地元商店街の活性化策などを求める」ということです。

私は道州制導入論者ですが、それは今のような多様化した時代には全国一律の政策ではうまくいかないと思うのです。

その地方にあった政策をきめ細かく行う、そのためには予算と権限を思い切って地方に委譲することが必要だと考えるからです。

地元商店街の活性化は地元で考えることで、そのための予算が足りないと言うのであれば理解できますが、その対策まで求めるのであれば考えてしまいます。

このような考えでは、いつまでたってもひとり立ちできません。

いま国も税収不足で困っています。

個人、中小企業、地方も自立してなんとかやっていくことを考えませんと、将来消費税率をいくら引き上げても、この国はやっていくことができなくなります。

本当に私は心配です。

このままでいいのでしょうか。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ日本