記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年01月24日

オバマ大統領に経済情勢説明は毎日!

今日の日本経済新聞によりますと、『ギブズ米大統領報道官は二十二日、政権発足後初の定例記者会見で、経済顧問によるオバマ新大統領への経済情勢説明を毎日実施することを明らかにした。大統領自身が要請したもので、サマーズ国家経済会議(NEC)委員長が日々発表される経済指標を分析、報告するという。』

『報道官は「大統領は景気対策や金融安定化策の実施に向け、最新の経済情勢を日々把握することが重要と判断した」と説明。金融安定化法の見直しを柱とする包括的な金融対策については「大統領が近く決定するだろう」と語った。』

アメリカはオバマ新大統領が誕生し、新しい大統領のもとで経済不況に立ち向かいますが、その大統領が最新の経済情勢を日々把握することが重要と判断し、経済情勢説明を毎日実施することを要請したとのことです。

経済は生き物のように日々変化し、最新のデータに基づいた素早い対応が求められていますから、当然といえば当然ですが、このような情報を流すことも経済対策だと思います。

経済は感情で動きますから、経済不況により不安になった消費者の
財布のひもはますます固くなっています。

その不安を取り除くように、(アメリカのように)政策をアピールすることは非常に重要です。

日本においても不況対策として様々な政策が語られていますが、みんなが納得するようなものはありませんし、スピードが遅すぎます。
スピードが遅いので、せっかくいい案を作っても評価されませんし、効果も半減してしまいます。

第二次補正予算案がいまだに審議中ですし、定額給付金については反対の声も多くあります。

中小企業の資金繰り対策として、第二次補正予算案の成立が待たれますが、本当に遅いので手遅れになります。

もし、定額給付金を給付し経済効果が余り見られなかった場合、その政策に対する反発、失望は計り知れません。

そして、次の景気対策の財源が足りないということになれば、マイナスの効果になります。

この経済不況をオールジャパンで乗り越えましょう。

そのためにみんなで知恵を出しましょう。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(3) | がんばれ日本