記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2009年01月23日

日本銀行は期末資金繰り重視!

今日の日本経済新聞によりまと、『日銀は二十二日の金融政策決定会合で、二〇〇八年度と〇九年度の経済成長率がそれぞれマイナス一.八%、マイナス二.〇%となり、戦後最悪の落ち込みが二年続くとの予測をまとめた。白川方明総裁は「先行き見通しは極めて不確実性が高い」と指摘。昨年十月公表の経済・物価情勢の展望(展望リポート)を下方修正し、物価も一〇年度まで二年連続で下落するとした。会合では企業の資金繰り支援策も拡充し、コマーシャルペーパー(CP)などを最大三兆円買い取ることも決めた。』

私はこの記事の中で、第一に「昨年十月公表の経済・物価情勢の展望(展望リポート)を下方修正し」ということを重視しています。

おそらく、昨年発表した政府の不況対策も、同じ様な予想のもとに立てられたのであれば内容不足だからです。

いずれにしても、細切れの(追加追加)対策ではなく、思い切った対策が望まれます。

そして、私がこの記事の中で一番重視しますのは、「企業の資金繰り支援策も拡充し、コマーシャルペーパー(CP)などを最大三兆円買い取ることも決めた。」というところです。

急激な売上低下により、今では大企業も資金繰りに苦しんでいるのです。

今までは、社債の発行により資金調達していましたが、金融不安により今までのように社債の発行ができません。

ですから、期末(3月末)に向けて(大企業の資金不足に)緊急に対応することを迫られています。

順番から言いますと、まずCPを買い取り資金繰り対策をし、次に経済対策で景気浮揚を目指すということなのです。

これと同じように、中小企業の資金繰り対策(信用保証協会の保証)の充実をこのブログで何回もお願いしてきました。

大企業の資金繰り以上に中小企業の資金繰りは大変なのです。

ぜひ、第二次補正予算案を早く成立させて、さらに追加の中小企業対策をお願いいたします。

「がんばれ日本」

日本の元気は、中小企業、地方の活性化から!

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(6) | がんばれ日本