記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年12月11日

78歳スズキ会長のリーダーシップに学ぶ!

今日の朝日新聞によると、『スズキは10日、津田紘社長兼最高執行責任者(COO)(63)が健康上の理由で11日付で辞任し、鈴木修会長兼最高経営責任者(CEO)(78)が同日付で社長に就任する人事を発表した。鈴木氏の社長復帰は8年ぶり。世界的な景気低迷が経営を直撃しており、鈴木氏は「景気が良くなるまではやりきらないといけない」と決意を述べた。』

このブログでも、政治のリーダーシップで、この世界的な経済危機に対応するため、第二次補正予算の提出をお願いをしてきましたが、あまりに動きが遅いので手遅れだと危惧しています。

そんな中、スズキをそのリーダーシップで世界的な自動車メーカーに育てた鈴木修会長が、社長を兼務することを表明しました。

鈴木氏の述べた決意「景気が良くなるまではやりきらないといけない」は、自分がリーダーシップをとって頑張ると言う、社員、取引先に対する決意でもあると思います。

鈴木氏は、朝日新聞にあるように『鈴木氏は経営トップに就いて30年。低コスト・高性能の小さな車を世界に広め、売上高3千億円あまりだったスズキを3兆円企業に育てた立役者だ。』

78歳と言う年齢を考えますと、かなり無理がありますが社員、取引先に与える安心感は否定できません。
鈴木会長は命がけで頑張るのだと思います。

それくらい危機感があるのです。

口では世界的な経済危機、100年に一度の経済危機と言っていますが、政治のリーダーシップはあまりに頼りないのです。

私は、このブログでも、政治家は夏休みをとっている場合ではないと書きました。
夏休みに国会を開くくらいの危機感で、景気の悪化に歯止めをかけてほしかったからです。

78歳の鈴木会長に見習い、今からでも、少しでも早い第二次補正予算案の提出、成立をお願いいたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 09:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新聞雑誌の記事から