記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年12月09日

田中角栄の議員立法と官僚の役割

最近、田中角栄氏が見直されています。

閉塞感が漂う日本経済にあって、もし田中角栄氏がいたらどうだったかという希望から、過去の政策、行動の検証をしている記事が目につきます。
(SAPIO,2008.12/7号)

今のような時代には、強力なリーダーシップをもったリーダーが
求められている証拠だと思います。

田中角栄氏については、その功罪について様々なメディアでも取り上げられて来ましたが、晩年はロッキード事件の被告だったこともあり、否定的な見解が多かったと思います。

しかし、このブログでも取り上げましたが、どのような人でも白か黒かで分けられるほど単純ではありません。
(税理士森大志のひとりごと『小室哲哉、田中角栄、麻生総理「白か黒かではありません」』参照)

完璧な人間はいないのですから、良いことは「良い」、悪いことは「悪い」ときちんと判断することが大切です。
あの、松本清張氏も、その実力を認めていたそうです。

今日取り上げるのは、田中角栄氏が今までの国会議員の中でも一番多い議員立法(33本成立)の提案者であることです。

それも、現在の日本の基本となる法律の多くを立案しています。

『道路整備の財源などに関する臨時措置法(ガソリン税)、道路整備特別措置法(有料道路法)、電源開発促進法など今日の日本の屋台骨を支える重要法案ばかりだ。』(SAPIO,2008.12/7号22ページによる)

戦後の経済成長に上記法律の果たした役割ははかり知れません。
(役割を終えた、内容の手直しの必要なものもありますが)

そして、法案の企画立案は田中角栄氏ですが、その法案の作成には当時の官僚たちが縁の下の力になり協力したのは間違いありません。

なんとか日本を発展させたいという気構えがあったのではないでしょうか。

翻って今日の日本を見ますと、100年に一度の経済危機なのに何も見えません。

少なくても、内容がいいか悪いは別にして、小泉内閣の郵政解散のように、何が何でも自分はやるんだという決意と、リーダーシップが求められているのではないでしょうか。

そして、官僚の方々も省益ではなく、国益に基づいた行動をするときではないでしょうか。

経済政策が手遅れなので、これからますます中小企業の倒産が増えそうです。
このままでは大変なことになります。

結果を見てから判断するのでは遅すぎます。

みんなで知恵をしぼり考えましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 13:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記