記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年10月15日

経済は感情で動く

「経済は感情で動く」とは、新進の経済学者であるマッテオ・モッテルリーニ氏の著作です。

この「経済は感情で動く」という言葉を聞きますと、本当にそうだと思います。

いま世界的に金融危機から経済危機になっており、その指標の一つである世界中の株式市場が混乱しています。

昨日は日経平均も過去最大の上げ幅を記録しましたが、今日は下げて始まったようです。

消費者は将来に不安があれば、消費をおさえ、余裕があれば消費をせずに貯蓄を増やします。

ここ何年かの個人消費の不振、そして株価下落により、いままで消費していた富裕層の消費手控えなどが顕著になっています。

企業も、将来に不安があれば、経費をおさえ、投資を繰り延べたりします。

経費をおさえる例として、給与(賞与)カット、広告費削減、交際費削減などです。

投資の繰り延べの内容は設備投資の延期、中止などです。

人間の病気も軽いうちは、薬を飲まなくても自然治癒することがありますが、症状が悪化すると薬を飲まないと治りません。

まして、重症ですと副作用のある強い薬を飲まないと治らないのです。

これは、経済でも同じだと思います。

夏以降急激に経済が悪くなりました。

そして、金融危機により経済の血液と言われるお金が回らなくなったのですから、経済もかなりの重症です。

幸いにして、日本の三大メガバンクは不良債権処理が済んでおり、基礎体力はあります。

日本経済の再生のためには多少強い薬を使わないといけないと思いますが、日本は基礎体力がありますので、その副作用に堪え再生することを信じています。

いまこそ、オールジャパンで知恵をしぼり頑張りましょう。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!

posted by 森 大志 at 10:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記