記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年04月09日

資生堂の戦略

景気低迷で売上が伸び悩む会社が多いのは皆さんのご承知の通りです。
それは、会社の大小を問いません。

そんな中、資生堂は着々と布石を打ってきました。

低成長の日本市場では今以上に売上を伸ばすのは限界ですので、海外に活路を求めたのです。
(過去5年の決算では2005年3月期は減益でしたが、それ以外は増収増益です。)
その結果、2007年3月期の海外売上高比率は32%でした。
(日本経済新聞2008年4月3日朝刊)

特に、中国では日本と同じように美容部員を養成し、着実に売上を増やしてきました。

資生堂がメインで売っている化粧品は、カウンセリング化粧品と呼ばれる物で、美容部員がお客様の化粧に関する相談に乗りながら、実際にお客様に化粧をしながら売る商品です。

当然に、安売りはしませんので、ある程度生活のゆとりがないと売れません。

今年は北京オリンピックがあるように、中国は丁度日本の高度成長期と同様に経済成長しています。
まだ、貧しい人もたくさんいますが、その経済成長の恩恵を受けている人達も大勢いるのです。

最初は安い化粧品を使用していても、生活にゆとりが出てきますとよりよい物を求めるのが、人間の自然な行動です。

資生堂はその経済成長を見越して、何年も前から中国に進出し美容部員を育ててきました。

それが花開いて昨年9月に上海工場を2倍に増強し、年平均20%の販売拡大を目指しています。
そして、経済成長著しいロシアなどの欧州地域での販路を拡大して、3年以内に海外売上高比率を40%超に引き上げる予定です。
(日本経済新聞2008年4月3日朝刊)

このように、将来を見据えた戦略を立て、実行して成功している会社もあるのです。

そういうときに、顧問先の方々と一緒に経営について考えるのも、私たち税理士の仕事だと思っています。

税理士森大志は、顧問先の社長と一緒にがんばりたい、少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 09:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | がんばれ社長