記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年02月27日

ありがとうございました

私はこのブログで、Japan Blog Award 2008にエントリーしていましたが、皆様の応援のおかげで3次選考を通過し、最終審査に残ることができました。

これもひとえに皆様の日頃の応援のおかげと感謝しています。

少しでもJapan Blog Award 2008を盛り上げたいと思っています。

私のブログの左上から参加ブログをご覧になり投票していただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

応援ありがとうございました。心から御礼申しあげます。


       税理士 森 大志
posted by 森 大志 at 20:26 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

流れに乗る

私は、別のブログで「税理士森大志の時代の流れを読む」という内容を書いています。

経営には時代の流れを読むことが大切だと、事例をもとに説明しています。(残念ながら時間の都合で最近ほとんど更新していません。)

今日のブログの「流れに乗る」ということは、時代の流れを読むこととは違います。

個人でもそうですが、会社でもあることがきっかけで注目を浴びる、ある商品が話題になり注目を浴びるということがあります。

そういうときに、その流れに乗って勝負するときがあると思っています。

あとになって、あの時こうしていたらよかったという声をよく聞くからです。

また、ものによっては徐々にではなく、一気に勝負をかけることが必要です。

前にお話ししたように、過当競争の日本においては良いこと(良い商品)はすぐに真似をされるからです。

自社の開発した商品が良いものでも、ある程度売れていないと類似商品が出てきたときに同じ土俵で勝負することになります。
ところが、自社商品の知名度があり類似商品が出てきたときは、ニセモノが出てきたということになります。

この差は非常に大きく違います。
ですから、真似される前に一気に勝負をかけるのです。

先日、ある顧問先の社長(注目を浴びている)にこの流れに乗って一気に勝負をかける提案をしました。
ただ、勢いだけで勝負をかけるのは非常に危険なので、その会社の内容のこの部分を活かしてこういうことができるというような、企画案の説明をしたのです。

その時は、幹部社員も一緒でしたので、普段社長と話していることも含めて説明したところ、幹部社員は納得し社長と真剣に考えたいという答えをもらいました。

税理士としてこんなにうれしいことはありません。
おそらく、幹部社員も普段社長が何を考えているかいまいち理解できなかったのですが、間に私が入ることにより理解が進んだと思います。

そして、そういうときに、顧問先の方々と一緒に経営について考えるのも、私たち税理士の仕事だと思っています。

税理士森大志は、顧問先の社長と一緒にがんばりたい、少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!



posted by 森 大志 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ社長