記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年02月26日

中小企業を応援します

私がこのブログを始めたのが昨年の8月30日からです。

このままでは、私たちの顧問先である中小企業が大変なことになるという、危機感からでした。

微力ながらお役に立ちたいと、中小企業の経営者の皆様に情報を発信して今日まで来ました。

私は、東京で開業していますので、顧問先の会社も業績の良い会社が多いのですが、地方は大変だと思います。

手元に、asahi.com(朝日新聞)2008年1月26日配信の記事がありますが、

「信用組合の中央機関である全国信用協同組合連合会(全信組連)が、経営が悪化した山梨県民信組(甲府市)に対し、3月末に100億円規模の資本支援をすることが26日わかった。
他の信組と合併して自己資本比率が低下するなどした大東京信組(東京都港区)、大分県信組(大分市)、在日韓国人系の中央商銀信組)などにも資本支援する方針で、支援総額は200億円前後に達するとみられる。」

そして、日本経済新聞2008年2月5日の記事では、
鹿児島県の鹿児島県信用組合(鹿屋市)と鹿児島興業信用組合(鹿児島市)が年内をメドに合併することで合意したとの内容でした。

全信組連は、3月末をメドに経営不振の鹿児島県信用組合に資本支援する方向で検討するそうです。

信用組合が貸出先とするのは、中小零細企業であり、倒産増加により、あきらかに経営悪化しているのです。

上記信用組合は氷山の一角で、経営不振の信用組合、信用金庫、地方銀行は日本中にあると思われます。
東京都が設立した新銀行東京でさえ経営危機なのです。
貸出先である中小企業の倒産はそれほど多いのです。

そして、今年に入ってからは、サブプライムローンの影響も出始めています。

これからは、資源価格の上昇による仕入コストの上昇が避けられませんが、販売価格にそのすべてを転嫁できそうもありません。

そんな中、私たち税理士も皆さんと一緒に頑張らなければいけないと思っています。

一人の力は限られています、みんなで力を合わせ知恵と工夫でこの危機を乗り越えましょう。

私も、このブログを通じて少しでも皆様のお役に立つよう情報発信していきますので、お気軽にコメントなどでご意見ください。

ご意見を参考にさせていただき、改善し、より皆様のお役に立つブログにしたいと思っています。

税理士森大志は「中小企業を応援いたします」

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新聞雑誌の記事から