記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年02月08日

良薬は口に苦し

「良薬は口に苦し」ということばがありますが、よく効く薬は苦くて飲みにくい(大辞泉)という意味です。

悪役俳優の八名信夫(やなのぶお)が、「まずい、もう一杯!」と宣伝し、キューサイの青汁が大ヒットしたのは記憶に新しいことです。

この広告の果たした役割は、計り知れないと思います。

おそらく、青汁が体に良いことは間違いないのですが、そのままでは「まずくて飲みにくい」のです。

飲みにくいので、売上も伸びずどうやって売上を増やすか考えたのだと思います。

そこで考えたのが、冒頭の「良薬は口に苦し」を逆手に取った「まずい、もう一杯!」です。

おそらく大部分の人は、子供の時に病気を治すために苦い薬を飲んだ経験があり「脳にインプット」されていると思います。

ですから、飲んでまずくても体に良いものなら我慢する、積極的に飲もうと思うはずです。

そして、普通なら「おいしい、もう一杯!」というところを「まずい、もう一杯!」ですから、広告の目的である、商品を覚えてもらうという目的は十分です。

あまりのインパクトに商品名をもし忘れても、「テレビで宣伝しているまずい青汁」で通じるのです。

この広告でキューサイも大きく売上を伸ばしたのです。

また、キューサイの広告の影響で「青汁は体に良い」というイメージもインプットされました。

今度は、他社において「青汁は体に良い」というイメージを生かして「おいしい青汁!」という商品も出て売れているようです。

もし、キューサイの青汁のヒットがなく、最初から「おいしい青汁!」で広告したらはたして売れていたか疑問です。

このように販売戦略というのは難しいのです。

キューサイもこの広告で急成長しました。
私たち中小企業も工夫次第で頑張れると思いませんか。

そして、そういうときに、顧問先の方々と一緒に経営について考えるのも、私たち税理士の仕事だと思っています。

税理士森大志は、顧問先の社長と一緒にがんばりたい、少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!


posted by 森 大志 at 09:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | がんばれ社長