記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2008年02月07日

「コンサルティング」の目次

記事の検索をしやすいように目次を設けました。

カテゴリ「コンサルティング」の目次1(更新順)です。

【01】2008年01月21日更新『エステサロンの経営

【02】2008年06月18日更新『温泉旅館の再生「うわべだけ真似をしてもだめです」

【03】2008年06月19日更新『温泉旅館の再生「ビジネス客からの脱却

【04】2008年06月20日更新『温泉旅館の再生「メニューもないのに追加ですか」』

【05】2008年06月24日更新『温泉旅館の再生「何かがたりないのです!」』

【06】2008年06月25日更新『温泉旅館の再生「儲け第一主義ではありませんか!」』

【07】2008年06月26日更新『温泉旅館の再生「これからが競争です!」

【08】

【09】

【10】

【11】

【12】

【13】

【14】

【15】

【16】

【17】

【18】

【19】

【20】

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!
posted by 森 大志 at 19:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「コンサルティング」の目次

「がんばれ社長」の目次4

記事の検索をしやすいように目次を設けました。

カテゴリ「がんばれ社長」の目次4(更新順)です。

【61】2008年02月06日更新『借入戦略を考える3

【62】2008年02月07日更新『借入戦略を考える(番外編)』

【63】2008年02月08日更新『良薬は口に苦し

【64】2008年02月13日更新『中小企業の会計に関する指針

【65】2008年02月15日更新『苦しい時の借入戦略

【66】2008年02月19日更新『苦しい時の借入戦略2

【67】2008年02月20日更新『苦しい時の借入戦略(番外編)』

【68】2008年02月21日更新『良いことは真似される

【69】2008年02月25日更新『デフレの残像

【70】2008年02月27日更新『流れに乗る

【71】2008年03月03日更新『早い時間の割引

【72】2008年03月04日更新『2店目があぶない

【73】2008年03月28日更新『QBハウスの考え方

【74】2008年03月31日更新『なんでも相談して下さい

【75】2008年04月03日更新『固定費の把握

【76】2008年04月04日更新『新銀行東京問題の底流3

【77】2008年04月08日更新『OZマガジンに学ぶ

【78】2008年04月09日更新『資生堂の戦略

【79】2008年04月10日更新『コンビニの価格に対するこだわり

【80】2008年04月14日更新『節税は体力がついてから!』
posted by 森 大志 at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「がんばれ社長」の目次

借入戦略を考える(番外編)

最近は私も温厚になって、税務署員などとやりあわなくなりました。

昔、顧問先の会社が資金繰りに困り、相談した結果、国民金融公庫(今の国民生活金融公庫)に借入を申し込みました。
国の金融機関だから借り入れしやすいと思ったからです。

その後、国民金融公庫の担当者が来社し、色々な事を指摘され、融資は難しいと言われました。

早速、社長から電話がありどうしましょうかと相談されたのです。

色々話を聞くと、若い担当者が偉そうな態度だったとのことでした。

その当時、私もまだ若かったので、頭にきてすぐその担当者に電話しました。

「なぜ融資できないのか。」

いろいろやりあった結果、私は次のように言いました。

「国の金融機関なのだから、民間で貸せないようなところに貸出しすべきだ。貸出しをしないのなら、国民金融公庫はいらない。存在価値はない。」

それに対して、
「国民の税金を使っているから、あぶないところに貸せない。」

私の考えは、
「国の金融機関はある程度リスクをとるべきで、リスクに応じた金利をとればよいと思っています。日本の金融を考えますと、金融機関から借入できない場合、急激に金利が上がります。国などは金利の低さを強調しますが、企業から見れば金利も大切ですが、借り入れできるかできないかがより重要なのです。」

「国民の税金を使っているから、あぶないところに貸せないのであれば、無理して国でやる必要はなく、民間に任せればよいのです。」

その後、国民金融公庫内部で、再度検討してくれ希望額を減額されましたが、融資を受けられました。
そして、若い担当者の上司が出てきて、失礼なことをいったみたいですがすみませんでしたと言われたのです。

このときは、うまく行きましたが、いつもうまくいくわけではありません。

業績の苦しい会社の融資は本当に難しいと実感しています。

だからこそ、苦しい時だけでなく、普段から銀行と良い付き合いをするのです。

税理士森大志は、顧問先の社長と一緒にがんばりたい、少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!




posted by 森 大志 at 08:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | がんばれ社長