記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2007年10月25日

任天堂の戦略

平成19年10月11日の日本経済新聞に任天堂の岩田社長のインタビューが載っています。

その内容の一部をご紹介します。

これまで熟練者用ソフトがすくなかった。(記者)

「初心者が取っつきやすく、熟練者でも満足できる大作を用意するなど幅広い層を対象にしたゲームづくりを目指す」(岩田社長)

SCEの製品値下げへの対抗策は。(記者)

「意識していないわけではないが、SCEとは対象の層が違う。価格戦略をどうするかでなく、『ゲームに興味がない人』をどう振り向かせるかを第一に考えたい」(岩田社長)

ソニーは勘違いしてプレーステーション2の成功を活かせなかったのですが、任天堂はしっかりゲームの顧客層をつかもうと戦略を練っているのがわかります。
(森大志のひとりごと「PS3の教訓」参照)

この社長の話を聞いただけで、任天堂は大丈夫だと思いました。

この違いは何なのでしょうか。

私は、任天堂とソニーの違いはDNAの違いだと思っています。

世界の「技術のソニー」なのです。
ですから成功すると技術が前面に出てきます。

任天堂は花札、トランプが原点です。
ですから、ソフトが前面に出てきます。
あくまで、ソフトを楽しむための機器なのです。

今回、ソニーは任天堂に対抗して低価格品を売り出したのですが、低価格品ではPS2のソフトは使えなくなりました。
何の為の値下げなのか疑問です。

世界で大量に販売したいのなら、幅広い層を対象にしなければならないのに、マニアックな層を相手にした製品を開発したソニーが迷走しているように見えます。

企業戦略を考える参考事例だと思っています。
ぜひ、皆さんも研究してみてください。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!



posted by 森 大志 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞雑誌の記事から