記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2007年10月23日

新規取引先の調査

通常新規取引を始める場合、現金商売の会社を除いて、売上先の調査をします。

普通の取引は、たとえば、月末締め翌月末払いなどすぐ支払いがあるわけではありません。
そして、手形取引という場合も多いのです。

そうすると、取引先が倒産した場合、貸倒れ額が多額になります。
そういう事態を避けるために、取引先の調査をするのです。

また、新規取引の時に調査をされても当たり前と思うのですが、ある程度付き合いが始まってから調査をすると、相手にわかった場合、当社を信用してないから調査をしていると思われます。
ですから、取引を始める前に調査をするのです。

また、ある程度大きな会社と新規取引をする場合は、必ずというほど帝国データバンク等の信用調査会社が調査に来ます。
それほど、新規取引先の調査は一般的です。

ですから、私たち中小企業も同様に新規取引先の調査をするのです。

通常は帝国データバンク等のデータを入手して、取引先の分析をします。
そして、そういうときに、入手した決算データ等の分析のお手伝いも、私たち税理士はしています。

顧問先の社長と一緒にがんばりたい、少しでもお役に立ちたい、いつもそう思い努力しています。

「がんばれ社長」応援いたします。

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!






posted by 森 大志 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | がんばれ社長