記事を検索しやすいように目次作成しました。記事目次(←をクリックしてください。) 税理士森大志のマスコミ掲載・執筆・ありがとうございました。

2007年09月25日

中村勘三郎脱税事件の深層4

「それはイエローカードです」

中村勘三郎さんの、今回の襲名披露のような何十年に一度の大事業のときは、勘三郎さんとマネージャー、経理担当者、そして税理士も加わって入念な打合せを行うべきであったと思います。

何十年に一度の大事業なので、大きなお金が動くからです。
大きなお金が動くということは、一歩間違えれば大きな赤字になり借金を抱えることになる危険もあるのです。
よく勘違いしがちですが、大きな収入があるときは大きな支出もあるのです。

そして、小泉前総理に飯島秘書官がいたように、お金にかかわる部分は本人でなく、マネージャーないし経理担当者がかかわるべきなのです。

本人が支払いをして、領収書をくださいと言うのは「粋」ではないのです。
ですから、そういう支払いで領収書のないものも多数あったのではないでしょうか。

それが、今回多額の修正になった原因の一つではないでしょうか。

その業界の内容を理解しその対策を考える。
これも、私たち税理士の仕事だと思っています。

また、今回勘三郎さんが怒ったのは、前回のある事件も関係していると思います。
その内容は、次回に検討します。

中村勘三郎さんは「レッドカードではなく、イエローカードです。」

(続きます)

(お願い)
励みになりますので、
人気ブログランキング」(←ここです。)をクリックしていただけると幸いです。人気ブログランキングのページへ行きますと当ブログにポイントが付きます。
また、税理士森大志が書いていますリンク集「税理士森大志の税の考え方」及び「税理士森大志の時代の流れを読む」も併せて読んでいただけると幸いです。
クリックすると、そのページに行きます。

このブログは、東京都豊島区から発信しています。
お問い合わせは、事務所mori@morikeieizeimu-c.net
までお気軽に!

posted by 森 大志 at 09:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | それはイエローカードです